掃除機を買いに行きました。

blog3.jpg

年末掃除の最中に掃除機が壊れ、バラバラにしても病巣が発見できませんでしたので、とうとう購入する事になりました。私の自転車と違って掃除機やら冷蔵庫やら洗濯機やらいわゆる白物は生活に密着しておりますが故、待ったなしなのでございます。セールスのおじさんがメーカーの思想の話なんぞを説く熱弁家で、私はこのモデルが好きです。何故なら、、、。と実に説得力がありまして、現在、理念という言葉に翻弄される日々を送る私の心に楔のように刺さって旧モデルの特売品を正月価格に値切って購入してまいりました所、壊れていたのは同メーカー同モデルの前作で、色まで同じでありました。もしかしてこれは、定食屋で悩みに悩んでメニューを考えているうちに、いつも注文しているカレーうどんと焼き飯が出来上がって、「はい、いつもの。おまちどうさま。」と笑顔で配膳してくれる様子と似ております。次はこれを食ってみよう。次はこの自転車に乗ってみたい。常に新しい出会いを求めているくせに選択するのは、詰まるところ、極めて安全な所を、居心地のいい場所を求めてしまいます。目の前に置かれたカレーうどんは、ありがた迷惑な訳なんて、全くなくて極めてタイムリー。東山の金さんが見得を切るタイミングで「やっぱ、これだよな。」と思い込ませる説得力を持っています。カレーうどんと掃除機、何がつながっているのと思うでしょうが、人でつながっているということにしてやってください。

Share buttonsShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。